商品紹介

2021年 新茶より~

煎茶

<品種煎茶>
徳山郷煎茶「かぐら」は摘み採った在来種の茶の葉を一晩おいてから製造した鈴木苑苑を代表する煎茶です。揉み込み過ぎないようにしているので見た目は良くないですが、他の品種に負けない強さと品の良さを兼ね備えた香りと味わいがあり、熱い湯で淹れても何煎も出ます。その他にも個性的な品種別の煎茶を製造しています。目が覚めるような渋みが特徴の「くらさわ」、「やぶきた実生」、謎の品種「鴾」など、ここにしかないようなものばかりです。品種煎茶、「かぐら」ともにおすすめの飲み方は一人分の茶の葉2~3gに70~80度程の湯150ccを注いで1分程蒸らしてください。
※2020年の品種はくらさわ、いなぐち、鴾、やぶきた実生です


徳山郷煎茶「かぐら」 (在来種萎凋煎茶)
           40g 540円   ティーバッグ 3g×5個 324円 

品種煎茶各種    30g 540円

 

<上煎茶>
清々しい若葉の香りと、爽やかなほろ苦さが特徴の昔ながらの製法で作り上げた煎茶です。2019年から煎茶の一部商品名を変更しました。おすすめの飲み方は一人分の茶の葉2~3gに70~80度程の湯150ccを注いで1分程蒸らしてください。

「隼」     100g 1620円  

「光」     100g 1296円    

「大無間」   100g 1080円 

 

<普段使い煎茶>
気兼ねなく淹れられるお求めやすいお茶です。おすすめの飲み方は一人分の茶の葉2~3gに「黒法師」「無双連」「森ノ段」「山香」は80度程の湯150ccを注いで1分程蒸らしてください。「玄米茶」「ほうじ茶」「粉茶」は90度以上の熱めの湯で淹れてください。


「黒法師」     100g 864円

「無双連」     100g 648円

「森ノ段」     100g 540円

「山香」      100g 432円


「玄米茶」       100g 540円
「ほうじ茶」       100g 540円
「粉茶」        100g 540円
「お徳用 煎茶ティーバッグ」  5g×25 864円

 


発酵釜炒り茶

<香り釜茶>
静岡では数少ない発酵釜炒り茶。一晩萎凋して釜炒りしています。
鈴木茶苑の釜炒り茶は清々しい花のような香りが特徴です。年によってきまぐれで様々な品種(ふじみどり、くらさわ、さやまかおりなど)で作ります。
「山翡翠」「白八汐」「赤八汐」はグレードの違いで重さが違います。「赤翡翠」は香り釜茶を焙じたものです。飲み方の目安は一人分の茶の葉3gに熱湯~90度程の湯150ccを注いで90秒程蒸らしてください。

※2020年の品種は「山翡翠」はくらさわ、ふじみどり、在来。「白八汐」は在来。「赤八汐」は静7132です。

「山翡翠」  30g 540円

「白八汐」  40g 540円

「赤八汐」  60g 540円

「赤翡翠」  60g 540円

<釜炒り番茶>
年によって使う品種は様々ですが、
いくらでも飲める爽やかな番茶です。
水出しにもおすすめ、お茶漬けにも。

熟成番茶「三年寝太郎」は、釜炒り番茶を三年寝かした後に
もう一度火入れをしました。あえて釜炒り番茶らしい爽やかさを残した
珍しい三年番茶です。飲み方の目安は一人分の茶の葉3gに熱湯~90度程の湯150ccを注いで90秒程蒸らしてください

「釜炒り番茶」  60g 540円

「三年寝太郎」  60g 540円

<静岡型発酵茶>
玉露のように被覆した葉を萎凋して製造。
旨味と香りのいいとこ取りのお茶です。
年によって、品種を変えて気まぐれで釜炒り製か蒸し製にします。
飲み方の目安は、釜炒り製は一人分の茶の葉3gに熱湯~90度程の湯150ccを注いで90秒程蒸らしてください。蒸し製は一人分の茶の葉2~3gに70~80度程の湯150ccを注いで1分程蒸らしてください。

「青獅子」   30g 540円

紅茶

<老練紅茶>
あえて日本の緑茶品種で製造しています。
優しい香りと穏やかな味わいで、和食に合います。
おすすめの飲み方は一人分の茶の葉3gに沸かしたての熱湯150ccを注いで3分程蒸らしてください。

「老練紅茶」   40g 540円

「ほうじ紅茶 火恋し」   60g 540円

 

※発酵釜炒り茶、紅茶、品種煎茶の品種とグレードは、その年によって変わります。 ご了承ください。最新の情報はHPやSNSでお知らせします。